2015年08月19日

【Gregtech2】工業用高炉を作成

まずは地図を埋めつつ蜂の巣を探します。

34
蜂の巣が6つ。

54
今回の散策ではジャングルの蜂の巣は一つだけ、しかもTropical Droneが出ませんでした。残念。

47
砂漠と海ばかり。おかげでオイルには困りません。

18
当然見つかる蜂もModestばかり。

持ち帰った蜂たちを自動交配しておき、♂蜂を増やしておきます。

07
砂漠でModestを交配。
36
RiverバイオームでMeadowを交配。

外出中に銅の粉の遠心分離が完了、これでニッケルの必要分が揃いました。

50


クァーリーや精密作業台の為に、前回見つけた油田(大)の汲み取りにかかります。

27


ついでに蜂の突然変異を進めつつ…

42

リファイナリーを作成、稼働。

37
16

オイルは取りあえず2000杯分汲み出しました。これだけあれば大抵のことはできます。

28
これだけ汲み出してもまだ枯れない油田(大)。

鉱石採掘で得た経験値でダイヤモンドツルハシにエンチャントを行います。

02
02

幸運IIIがいきなり出てきました。ダイヤ集めが捗ります。

41
残していたダイヤ鉱石を掘ってきました。


さてさて表題の工業用高炉ですが、銅200個、鉄120個を用意するのは粉砕機の力を借りたとしても簡単なことではありません。
色々やりつつブランチマイニングを進め、12周に達したところでようやく材料が揃いました。

Standard Machine Casingを36個作成し、

08

続いて工業用高炉本体を作成します。
18_retro
 
設置場所や電源供給の問題があるので、稼働は次回に回します。 

MC1.2.5は(実質)初回の更新、Greg1は2回目の更新でクァーリーが作成できたのに対し、こちらは次の次くらいになりそうです。   
Posted by vidamrot at 01:33Comments(0)

2015年08月10日

【Gregtech2】工業用遠心分離機・溶岩発電

まずは風車型ブランチマイニングを8週目まで。

09
途中に小洞窟を発見、高高度に多く生成される銅鉱石がオイシイ。

集めた資材でプレート作成機と工業用遠心分離機を作成。

27_retro

銅の粉3つを遠心分離器にかけることでニッケルの小さな粉1つ(インゴット1/4個分)が手に入ります。
工業用高炉本体の作成にはニッケルが8個必要なので、銅の粉を96個遠心分離すればいいことがわかります。


次に、エネルギー供給の安定化の為に溶岩発電を始めましょう。

まずは液体パイプ用サボテン、羊毛、蜂の収集の為に軽く地図埋めを行います。

14
松明がおかしなことになっている砂漠の村。畑が多く、食糧難が解決しました。

35
油田(大)? とりあえずオイルの心配は無くなりました。

26
現状液体パイプくらいにしか使わないのでこの程度で十分

テレポートパイプを作成し、ネザーの溶岩を拠点の地熱発電機に送ります。

13
序盤には辛いコスト

14
33

早々と木炭への依存から抜け出せましたが、ネザーの溶岩湖であろうといつかは枯れてしまいます。
溶岩湖を枯らしてしまう前に新たなエネルギー源を探さなければなりません。
今のところFiendish蜂による溶岩生産や石炭鉱石によるトリウム発電を候補として考えています。
ソーラー発電機(Advanced含む)はGregの影響でコストが激増しているので量産は難しいです。

次は当然工業用高炉の作成を目指しますが、並行して次のようなこともしておきたいところ。
  • 地熱発電機の増設、Greg熱発電機への置換
  • 溶岩遠心分離
  • Cultivated蜂の作成
  • オイルの汲み上げとリファイナリーの作成
  • MFE、MFSUの作成
あと、いい加減拠点周りの整備もやるべきかもしれません。

42
02
 扉を開けるたびにこうなるのはもう嫌です…。
  
Posted by vidamrot at 19:34Comments(0)

2015年08月03日

【Gregtech2】進行チャート

Gregtech1, 5は行き当たりばったりスタイルでやるつもりなので、
逆にGregtech2, 4はきっちりチャートを作って計画的に進めようと考えています。

というわけで、Gregtech2の進行チャートを作成しました。
  1. プレート作成機を作成
  2. 工業用遠心分離機を作成
  3. 各種粉を遠心分離機にかけてニッケルを入手、工業用高炉を作成
  4. Gregの中圧機械を大体揃える
  5. ボーキサイトからチタンを入手、クァーリーの作成
  6. テレポートパイプ、マルチページチェストの暴力でクァーリー(プラス)を稼動
  7. 溢れる資材でLogistics Pipesに手をつけ、色々自動化
  8. エンドを攻略し、シェルドナイト鉱石をかき集める
  9. マター製造機を作成してマター製造開始
  10. FFM人工降雨機と避雷針の合わせ技でマター製造速度を加速
  11. IC2農業等を駆使してクロム、エンドTTによりベリリウムをかき集める。
  12. 核融合炉作成
また、並行してやるべき作業は次の通り。
  • 溶岩遠心分離 
  • FFMマルチファームのためにApatite鉱脈を見つけておく
  • 種となる雌蜂の収集
  • 養蜂で生産速度FastのIndustrious, Imperial, Fiendish, Demonicを作成
    (養蜂箱大、泥土の材料、溶岩発電、ヨウ化銀カプセル、グロウストーン等)
  • できれば秘伝の巣枠のための村人厳選、防護服の作成を行う
  • 村人育成を行うならば鶏肉や小麦などの農民育成資材を調達
  • クァーリープラスに移すためのエンチャントダイヤツルハシを作成(経験値TT半必須)
  • クァーリーやレーザー作業台のためのオイル収集・精製
  • IC2農業肥料のための骨粉、および工業用TNTのための火薬を集める
    (効率はそこまで必要ないので、非常に簡易な天空暗室テスラコイル式トラップでも十分賄えるはず)
  • Weed-EXのためのクモの目の収集
  • IC2農業で赤石小麦を作成、さらに赤石農場を作成
  • ベリリウム・経験値用にエンドTTを作成
Greg1に比べると、クァーリーまでが若干遠い気がします。(誤差の範囲という説もある)
マターのコストが100倍になっているのも辛く、核融合炉まで早くても1~2ヶ月くらいはかかると思います。
しかし、Greg4以降に比べると蒸気時代が存在しませんし、
レシピが全体的に素直なのもあり、これでもかなりヌルゲーですね。
Greg4は2~3ヶ月、Greg5は半年程度かかるはずなので、まあまったりやっていきましょう。
  
Posted by vidamrot at 04:26Comments(0)

【Gregtech2】粉砕機を作成

まずはワールドを作成。

12
 タイガを走る川岸(水が流れているとは言ってない)にスポーン 。

46
養蜂に必須な砂漠とIC2農業に最適な湿地が近所に広がる好立地。

ちなみに石ツールのレシピ改変はありませんでした。
42_retro
 
空腹は当分これで満たします。
51

さて、資材集めのために風車型ブランチマイニングを実施。 
5周でダイヤ鉱石20個とかなり多めな感じ。 
20
初めてのダイヤ鉱脈@3周目。鉱石は4つずつ。  
 
次に近所の湿地までゴムの木を取りにいきます。
41

ミニマップMODが何故か入っていないので、拠点に戻るのも一苦労。
地図用にサトウキビは多めに持って帰ることにします。

08
もはや何も語るまい。  

相変わらず粉砕機の作成に発展回路が必要なので、ネザーに赴くことにします。

43
グロウストーンが取りやすい位置に無い…。 
 
そして粉砕機を作成。
53_retro

26


何から何までデジャヴを感じる内容になっていますが、
この頃のGregは序盤にあまり手を加えていません。しょうがないね。   
Posted by vidamrot at 04:07Comments(0)

2015年07月30日

【Gregtech2】核融合炉考察

Greg 2.90h (MC1.4.7)核融合炉の稼動には燃料とエネルギーの継続的な供給が必要です。

重水素・三重水素 を燃料にヘリウムプラズマセルを製造する場合、
継続的な稼動には

  • 水の電気分解を行う工業用電解槽31個
  • 水素セルに対する遠心分離機120個
  • 重水素セルに対する遠心分離機24個

を用意する必要があり、中々に面倒です。

そこで、機械を全てそろえずに、稼動と停止を繰り返しながら
ヘリウムプラズマセルを生産することを考えてみます。

核融合と燃料精製に用いるエネルギーは全て核融合で得られたヘリウムプラズマセルで賄い、
アイテム輸送のタイムラグやエネルギーの減衰は考慮しない前提のもとで、
永続的な稼動が可能になるための条件を考えます。

プラズマ発電機が少なければ、エネルギーが足りずに核融合や燃料精製が止まってしまいます。
逆にプラズマ発電機が多すぎると核融合炉は長時間稼動するものの、
やがて燃料切れを起こし、初期電力消費と燃料切れを繰り返して反応が停止します。
永久稼動に必要なプラズマ発電機の個数は単純に計算できるものではありません。

仕方ないので簡単なスクリプトを組んでシミュレーションしたところ、以下のような結果が得られました。

燃料精製速度プラズマ
発電機の個数
~0.19(不可能)
0.203
0.253
0.303~4
0.353~5
0.403~6
0.453~7
0.504~8
0.554~9
0.604~9
0.654~10
0.704~11
0.754~11
0.804~12
0.854~13
0.904~14
0.955~15
(1.00)(5~)

ただし、燃料精製速度というのは常時稼動に必要な燃料精製機械数との比を表します。
例えば燃料精製に使う工業用電解槽、遠心分離機の数を半分にしたとき、
燃料精製速度は0.5です。

プラズマ発電機の個数の最大値と最小値の差はおおよそエネルギーの利得に比例します。

資材を最小にしたい場合、

  • 水の電気分解を行う工業用電解槽7個
  • 水素セルに対する遠心分離機25個
  • 重水素セルに対する遠心分離機5個
  • 燃料精製と核融合のためのプラズマ発電機3個

を用意すればいいでしょう。ただし、エネルギーの利得は殆どありません。

(計算誤差やらEU減衰やらを考えると止まる可能性が高い)

ちなみにGreg 4.08s (MC1.6.4)版だとこんな感じ

燃料精製速度プラズマ
発電機の個数
~0.09(不可能)
0.103
0.143~4
0.173~5
0.203~6
0.253~7
0.303~9
0.353~10
0.403~12
0.453~14
0.504~15
0.604~18
0.704~?
0.804~?
0.904~?
0.955~?
(1.00)(5~)
最小値は2.90h版と同等、最大値は2.90h版の倍程度。

腕に覚えのある人は停止時間も含めて色々計算してみてください。
  
Posted by vidamrot at 05:46Comments(0)

2015年07月28日

【Gregtech2】 MOD構成等

こちらも過去のMOD構成を流用します。

○MOD構成

Minecraft Forge 6.6.2.534
Immibis core 52.4.6

OptiFine 1.4.6 HD U D5 
CraftGuide 1.6.6

BuildCraft 3.4.3
Logistics Pipes 0.7.0.98
Additional Pipes 2.1.3u42
Extra Tanks 1.4.6r3
Quarry Plus 1.3.4.4

IndustrialCraft^2 1.115.231-lf
Gregtech Addon 2.90h
Advanced Solar Panels 3.3.4

Forestry for Minecraft 2.0.0.11
RedPower 2.0pr6 

Iron Chest 5.1.0.275
Multi Page Chest 1.2.2
Storage Box v3.0.1
Dimensional Anchor 52.2.0
Book Old Recipe 1.4.6 D

○ポイント
  • まだマイルドだった頃のGreg、しかし核融合炉の作成難易度はGreg4に引けをとらない。 
  • 自動化にはロジパイプを用いる。副産物の出る機械をどう自動化するかがポイント。
  • 今やなつかしの電圧・減衰システム。細心の注意を払いたい。
  • Quarry Plus, Extra Tanks, Additional Pipesは外せない。
  • 農業はFFMのマルチファームで頑張る。泥土を起点にした資材のやりくりが非常に悩ましい。
  • クロムの供給にはIC2農業の赤石小麦を活用する。終盤はLightning Rodに頼りがちなので赤石があっという間に無くなる。
  • エネルギー問題について。
    • 序盤は地熱発電機。
    • 生産速度FastのFiendishを作成。養蜂箱大1つが100EU/t近くになるので馬鹿にならない。
    • 石炭鉱石の副産物トリウムによる原子力発電で底上げする。
    • 終盤はLightning RodをRainmakerで加速させて活用。
    • この頃のDragon Egg Energy Siphonはたったの128EU/tで、あまりアテに出来ない。
  
Posted by vidamrot at 04:23Comments(0)